辰野三社 法性神社で注連掛祭

辰野三社の一つ法性神社で来年4月の御柱祭に向けて御神木を見立てる注連掛け祭が行われました。
注連掛け祭には 平出区の下町、旭町、上町、上平出の御柱委員、神社委員など100人が参加しました。
場所は地元、平出の生産森林組合が所有する沢入山の巣山という地籍です。
参加した人たちは目通り周囲190センチの一の柱から順に見立てました。
柱を担当する地区の委員長が「御柱の御神木に決定してもよろしいですか」とたずねると、参加者は拍手をしたり「異議なし」と答えて賛同しました。
そして4本すべての柱に木札と注連縄(しめなわ)をかけました。

icon_movie2ニュース動画を観る

※ニュース動画をご視聴いただくには Windows Media Player が必要です。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+