諏訪大社 上社本見立ての安全祈願祭と御小屋明神社祭おこやみょうじんしゃさい

諏訪大社上社御柱用材本見立てを前に安全祈願祭と御小屋明神社祭おこやみょうじんしゃさいが行われました。
2つの神事は、ともに今月9日の諏訪大社上社の御柱用材本見立てが無事に行われることを願うものです。
きょうは昼前に、諏訪大社上社本宮で安全祈願祭を行い、昼過ぎに御小屋山おこやさんにむかって、御小屋明神社祭を行いました。
本宮での安全祈願祭には、大総代や山作り衆など30人が集まり、神事をしました。
神前に御柱用材に取り付ける8枚の木札を並べて、本見立てが安全におこなわれるよう祈りました。
諏訪大社上社の御柱用材は、御小屋山にある諏訪大社の社有林から切り出す習わしです。
御柱にふさわしいご用材を確保することが難しいため、今回は、辰野町の横川上流にある国有林から調達することになっています。

icon_movie2ニュース動画を観る

※ニュース動画をご視聴いただくには Windows Media Player が必要です。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+