諏訪大社上社の御柱伐採 前一・本四

かわっては、きのう(28日)行われた諏訪大社上社の前宮一之御柱と本宮四之御柱の伐採の様子をまとめてお伝えします。

諏訪大社上社の御柱は、辰野町の横川国有林から切り出します。
関係者は、麓にある「かやぶきの館」で出発式をして、山に入りました。
本宮と前宮の8本の御柱は、4日にわけて1日2本ずつを伐採します。
3日目のきのう(28日)は前宮一之御柱と本宮四之御柱を伐採しました。

前宮一之御柱は目通り周囲が3m27センチ。
伐採寄進者は、茅野市の玉川神之原と諏訪市の豊田・四賀の人たちです。

一方、本宮四之御柱は目通り周囲が2m50センチ。
伐採寄進者は茅野市の玉川神之原と、原・泉野の人たちです。

icon_movie2ニュース動画を観る

※ニュース動画をご視聴いただくには Windows Media Player が必要です。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+