神戸神社 御柱休め

諏訪市四賀の神戸神社で御柱休めが行われました。
神戸神社の4本の御柱のうち、二之御柱から四之御柱については先週、御柱休めが行われていて、きょう(1日)は一之御柱の御柱休めが行われました。
一之御柱は、高さが11メートル、目通り周囲が150センチあります。
氏子の人たちは、柱を固定するワイヤーをゆるめながら2本のロープを引き、ゆっくりと柱を横にしていきました。
柱が大きく傾いたところで柱の上に乗ったり、木遣り歌を歌ったりして楽しみながら作業を進めていきました。
作業は、神社の秋の例祭に合わせて行われ、およそ50人が心をひとつにして掛け声を合わせるなどしていました。
神戸神社 帳元の武居秀実さんは「無事に御柱休めを終え、氏子の皆さんに感謝しています。次の御柱祭に向けて、来週には本見立てを行うので協力してもらえれば」と話していました。

icon_movie2ニュース動画を観る

※ニュース動画をご視聴いただくには Windows Media Player が必要です。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+