法性神社 御柱用材を伐採

辰野三社の一つ法性神社で御柱用材を伐採する斧入れ・伐採式が行われました。
法性神社の御柱祭は辰野町平出区の5つの地区でそれぞれ担当する御柱が決まっています。
斧入れ・伐採式には下町、旭町、上町、上平出・上野の関係者180人が参加しました。
斧入れ式は、目通り190センチの一の柱から順に行い、塩と酒で柱を清めてから斧を入れました。
そして、伐採を担当する杣の人たちが作業を進め、柱に「かけ矢」を打ち込んで谷側に倒しました。
氏子たちは木遣り歌やラッパの演奏で無事の伐採を喜びました。

icon_movie2ニュース動画を観る

※ニュース動画をご視聴いただくには Windows Media Player が必要です。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+