御柱祭の切手セットを発売

諏訪大社御柱祭を前に、諏訪地域の郵便局で祭りを記念した「切手セット」の販売が始まりました。
御柱祭の切手は、82円切手が10枚セットになっていて、上社版と下社版の2種類のデザインがあります。
販売初日の今日(14日)は、日本郵便株式会社信越支社の川野 陽一 支社長が、諏訪市役所を訪れ、金子ゆかり諏訪市長に切手の販売を報告するとともに、切手を収めたアルバムを贈りました。
切手は上社版、下社版ともに大きく「木落し」の写真が使われ、「信州諏訪 祝御柱祭」と印刷されています。
10枚ある切手には、「本宮」や「秋宮」の社殿の他、山出し祭の「木落し」や「川越し」、里曳き祭の「騎馬行列」や「長持ち」などの写真を用いました。
それぞれ5,200セットあり、諏訪6市町村にあるすべての郵便局40局で販売します。
販売価格は1セット1,500円です。日本郵便株式会社信越支社の川野支社長は、「この切手セットが観光客の思い出として、また、地元の人が御柱祭を全国にPRするための材料になれば」と話していました。

 

icon_movie2ニュース動画を観る

※ニュース動画をご視聴いただくには Windows Media Player が必要です。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+