岡谷市木遣保存会 練習が本格化

来年の御柱祭に向けて岡谷市木遣保存会が本格的に練習を始めました。
岡谷市木遣保存会は岡谷区や小井川区など市内10区の人たちで作る保存会です。
今年度は新しく3人が入会し、中学生から87歳までの48人が活動しています。
練習会には17人が参加しました。
手にはおんべを持ち、円になって、「山の神様 お願いだ」や「力をあわせてお願いだ」などひとりずつ、木遣りを歌いました。
岡谷市木遣保存会では若手の育成にも力を入れており、子ども育成会などで小学生のうちから木遣りに親しみ、小宮祭で経験を積み、継続し、御柱祭で活躍している人も多いそうです。

icon_movie2ニュース動画を観る

※ニュース動画をご視聴いただくには Windows Media Player が必要です。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+