中金子 子供木遣隊が練習

諏訪市中洲中金子区で、子供木遣隊が御柱祭に向けて練習に励んでいます。
中金子子供木遣隊は保育園児から中学生までの15人で活動しています。
御柱祭に向けては、去年7月ごろから、毎月5回ほど、区内の公民館や田んぼに集まって練習しています。
昨夜(13日夜)は15人全員が公民館に集まって大人の指導者に教わりながら歌声を響かせました。
今月下旬に開かれる諏訪大社御柱祭木やり日本一コンクールに出場する子どもたちもいて、真剣な表情でおんべを掲げながら練習に取り組んでいました。
木遣隊ではこのほか、今回の御柱祭から「子どもラッパ」を始めることにしています。
子どもたちはラッパと太鼓で祭りを盛り上げる中洲・湖南の「山吹隊」や地元の消防団の人たちに教わりながらラッパの構え方や音の出し方などを一生懸命練習していました。

icon_movie2ニュース動画を観る

※ニュース動画をご視聴いただくには Windows Media Player が必要です。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+