中洲・湖南 メドデコ乗りの練習

来年の諏訪大社御柱祭にむけて、諏訪市の中洲・湖南地区の人たちが練習用の御柱を完成させメドデコ乗りの練習をしました。
諏訪市の中洲・湖南地区は諏訪大社上社の御柱を一緒に担当します。
この日は、中洲の7地区、湖南の5地区からあわせて250人が参加しました。
集まった人たちは練習用のメドデコ作りと御柱にメドをさす穴を作る木造りに分かれました。
メドデコはそれぞれの地区で準備を進めてきていてこの日は仕上げです。
揃いのヤマブキ色のシャツを着た若者たちは先輩に教わりながら、足や手をかけるところなどを縄を巻いて仕上げていました。
一方、斧の人たちはメドをさす角度や大きさに注意しながら、慎重に作業を進めました。
その日の午前中には練習用の御柱を完成させ、午後からは初めての合同練習をしました。

icon_movie2ニュース動画を観る

※ニュース動画をご視聴いただくには Windows Media Player が必要です。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+