下社木落しの観覧席 受付開始

諏訪大社御柱祭下社山出しで行われる「木落し」の有料観覧席の申し込み受付が始まりました。
下社木落しの観覧席は、木落し坂の下の砥川河川敷に、1日あたり5000席を設けます。
一般販売は1日あたり3000席で、山出しの3日間で9000席を販売します。
7000円のSS席から3000円のB席まで4種類あります。
全体の3分の1にあたる3000席は「長野県民限定枠」とし、往復ハガキで申し込みを受け付けます。
残りの6000席は今回から、インターネットで申し込みを受け付けます。
実行委員会がある下諏訪町役場には、きょうの午前中に、およそ100枚のはがきが届き、職員がナンバリングなどの作業をしました。
往復ハガキでの受付は県民枠のみとしたため、初日に届いたハガキの数は、前回に比べて少なくなったということです。
下社木落し有料観覧席の抽選申し込み受付は、往復ハガキ、インターネットともに、来月(2月)1日までとなっています。

 

icon_movie2ニュース動画を観る

※ニュース動画をご視聴いただくには Windows Media Player が必要です。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+